双極性障害とつきあうために

症状

カウンセリング

双極性障害とは、いわゆる躁鬱病のことです。気分が異常に高ぶる躁状態と、気分が異常に落ち込むうつ状態とが繰り返して起こります。
近年ではうつ病は、多くの人に知れ渡る病気となりました。理由もなく悲しい気持ちが湧き起こる、疲れやすい、何事にも興味がなくなり行動力が湧かないなどの症状が出てきます。
気持ちが滅入ることがうつ病だと、多くの人が知っています。
それに比べると、躁状態とはどういった状態なのでしょうか。
うつ状態とは真逆な状態です。気分が高まり、物事を楽観的に捉えます。
頭の回転が良くなり、声が大きくなります。睡眠時間が少なくても疲れにくい状態になります。
こう見ていくと、躁状態は病気ではなくいいことばかりではないかと思う人もいるでしょう。
しかし、躁状態にはテンションが高いが考えがまとまらない、他人の気持ちを無視して自己中心的な考えを持つようなる、注意力や集中力が低下するなどの症状も起こります。

双極性障害は、遺伝による発症率が高いといわれています。これは、双子の片方が双極性障害を持っていると、残りの一人も高い確率でこの病気を発症することから、遺伝の可能性が高いといわれているのです。
遺伝的な原因は高いものですが、それ以外にも原因があります。それが環境的な要因です。
仕事や家庭においてストレスを感じている場合、それが引き金となって双極性障害を発症するケースがあります。
双極性障害になってしまうと、自然治癒は見込めません。治療を受けないと、躁状態とうつ状態が繰り返され、いつまでも苦しみ続けることになります。
的確な治療法を受けて改善させましょう。

治療薬

迷路に迷い込む

双極性障害の治療には、薬物療法が行われています。使われる薬には様々なものがあります。「気分安定薬」をはじめ、「抗うつ薬」や「抗精神病薬」などがあり、症状に合わせて的確な薬が判断されています。

» 詳細を確認する

種類

医者

双極性障害にはⅠ型とⅡ型があり、症状が違っています。自分では気づかないことも多いので、いつもとは違った変化がある場合は周囲の人から指摘してあげましょう。急に饒舌な話し方をするなどの行為は疑いがあります。

» 詳細を確認する

予防策

悩む男性

ストレスは双極性障害を引き起こす原因になります。職場や家庭でストレスを感じるような状況がある場合は、解決策を模索しましょう。一人で抱え込まずに医者や友人に相談してみることも大事です。

» 詳細を確認する

休養

悩む女性

双極性障害を改善するには、休養が効果的です。特にうつ状態がひどい場合は、休養を取る方法はとても有効です。仕事や家事など毎日受けているストレスから開放されることで、改善が見込めます。

» 詳細を確認する