双極性障害とつきあうために

種類

医者

意外に知られていない双極性障害について

双極性障害には、?型と?型があります。?型は「躁状態」と呼ばれる状態で、短時間の睡眠でもてきぱきと動きまわり、流暢に話すようになります。様々なことに熱心に取り組みますが、ひとつに集中できずに注意散漫になることが特徴です。多額の借金をして金銭トラブルになるケースもあります。自分は異性にとてももてると思い込んだり、超能力があるから苦労しないで生きていけると思い込んだり、誇大妄想を持つ傾向もあります。?型は「軽躁状態」と呼ばれる状態です。?型のように周囲を戸惑わせることはないですが、いつも以上に積極的になりがちです。誰が見てもテンションが高いなと思わせるような言動や行動を行います。?型でも?型でも、患者本人は自分の症状に気づいていないことが多く、大きなトラブルを起こしてからはじめて自分が病気なのだと感じる人もいます。こうした双極性障害の症状がある人が周りにいる場合、自分の変化に気付かせてあげるようにしましょう。

具体的な治療内容と相談機関

双極性障害の人が、自分が病気だと自覚するのはうつ状態のときです。これまで好きだったことが急に嫌になる、何をしても達成感がない、もしくは何もしたくないなどの感情が湧くのがうつ状態です。躁状態の時は、気分が爽快な場合が多いので病気だとは気付きにくいですが、うつ状態のときは体調がおかしいと気づきやすいのです。気分が滅入る状況が2週間異常続く場合は、双極性障害ではなくうつ病の恐れがあります。気持ちの感情が沈むだけでなく、高揚する場合は双極性障害の可能性が高いです。

双極性障害とは一体どんな病気のことなのか、ご存知でない人も多いかもしれませんね。実はこの双極性障害、世間一般でいわれている躁鬱病、気分障害のことを指します。言い換えると何となく知っているという人も出てくるのではないでしょうか。 双極性障害、つまり躁鬱病は躁とうつの状態が繰り返し現れる症状のことで、軽度のものであればその躁鬱の入れ替わりの期間も長くなるため気付かないという人も少なくありません。 この双極性障害障害、基本的に躁状態の程度によってその進行状況がチェックされます。何となく調子が良くて睡眠時間が少なくてもやる気や熱意がみなぎってくるといった状態、これは所謂軽躁の状態です。これが進行していくとやる気ばかりが先行して仕事でもミスが続いたり、自分本位な言動、慢性的な注意不足が頻発します。ここまでくると自分だけでなく周りにも影響が出てくるため、できるだけ早い段階で治療を開始することが大切になってきます。

双極性障害は基本的に薬物療法を主に治療をすすめていきます。時には他の治療方法がとられる場合もありますが、躁鬱病の大抵の症状は薬を服用することで抑えることができるため、さほど大掛かりな治療は必要ないのです。 ただ、治療を開始するにはどうしても専門の医療機関を受診する必要があります。もちろん、自分がその症状に気付いた時、早めの受診は大切なのですが、中には精神科や心療内科を受診することに抵抗をかんじる人もいるでしょう。 そんな人はまず、民間や行政が行っている相談窓口、カウンセリングを受けてみるといいかもしれません。そこで専門医への受診を勧められれば後押しとなりますし、治療が必要ないとなればそこで悩みも解決することができるでしょう。