双極性障害とつきあうために

治療薬

迷路に迷い込む

「双極性障害」の治療法とは。

双極性障害には抗うつ薬が使われます。一口に抗うつ薬と行っても様々な種類があります。トリプタノールやトフラニール、ルジオミール、アモキサンなどです。これらの抗うつ薬を使う場合は、うつ状態の症状が重いときです。双極性障害で使われる薬は、気分安定薬が一般的です。気分安定薬にはテグレトールやリーマス、セレニカ、デパケンなどがあります。リーマスは双極性障害を改善する代表的な薬といわれています。服用をはじめてから効果を発揮するまでは、1週間程度の時間が必要な薬です。1度や2度飲んで改善がしないと思っても、続けて飲むことが重要です。自分の判断で勝手に服用を辞めないようにしましょう。リーマスよりも即効性を叶えたいなら、テグレトールがおすすめです。躁鬱病の改善だけでなく、てんかんや神経痛などにも効果を発揮する薬です。

長期的な治療を必要とするため、お金の問題は切実。

抗精神病薬も双極性障害の薬として用いられています。この薬には感情の昂ぶりを抑える効果があります。躁状態になると気持ちの制御ができなくなり、いつもよりも数倍のハイテンションとなることがあります。抗精神病薬を飲めば、気持ちの安定化が図れて穏やかな気持ちになり、感情の起伏を起こさないようになります。抗精神病薬には、ジプレキサやエビリファイなどがあります。エビリファイは躁状態の気持ちの昂ぶりを抑える効果があります。ジプレキサは、躁とうつのどちらの状態にも効き目をもたらす薬です。どちらのタイプを処方するかは、患者の症状から判断がされます。

「双極性障害」とは、うつ病と同じで、気分の障害を基本障害とする精神障害のことです。 しかし、うつ病とは異なります。 抑うつ状態だけではなく、抑うつ状態と躁状態が周期的に交互にやってきます。 また、「双極性障害」は、うつ病に比べて季節や天候、気圧など、自然の変化の影響を受けやすいといわれています。 これは、自律神経系が大きく関与しているからだと考えられています。 基本的な治療は、「薬物療法」になります。 再発の可能性もありますから、処方された薬は自分の判断で止めたりせず、医師の指示通りに続けることが大切です。 また、心理教育、認知行動療法、対人関係療法などの「精神療法」などもとても有効で、それぞれの患者に合った方法を選択したり組み合わせたりしていきます。 双極性障害は、うつ病よりも治療が難しく、長期化する傾向がみられます。 しかし、きちんと治療すれば改善できる病気であることは確かです。 治療を活かすためにも、睡眠時間をしっかりとるなどの生活のリズムを整えることが重要です。

「双極性障害」に限らうず、精神病患者は、治療費に困っている人が多く見られます。 仕事が休みがちになったり、治療や入院のためにやむを得ず退職する人もいます。 精神の病気は、他の病気と比べて薬も高く、治療期間が長期化するため、経済的な負担は大きいです。 現在、精神病患者の治療費を軽減するための医療制度で、「自立支援医療」という制度があります。 通常の病気では、健康保険証の提示で医療費の3割が患者負担になりますが、「自立支援医療受給者証」の提示で、その負担が1割になります。 たとえば、月2万円の治療を受けた場合、通常では3割にあたる6,000円を負担するところが2,000円になります。 また、1ヶ月の利用限度額が決まっていて、年収や住民税の金額によってその上限額が分けられていますし、「重度かつ継続」と認められると、上限額はさらに引き下げられます。